オーストラリアでの暮らし方

オーストラリア留学
TEL06-6155-5591
【営業時間】10:00~18:00(土日祝休み)

オーストラリア留学 > オーストラリア概要 > 暮らし方のヒント

暮らし方のヒント

【電話をする】
公衆電話から電話をかける場合、テレホンカードかコインを使います。 テレホンカードはコンビニなどで購入できます。また、家庭にある一般電話の場合、市内通話は無料です。
国際電話を利用する場合は「国際電話テレフォンカード」を使うと格安でかけることができます。 「国際電話テレフォンカード」の使い方は、指定の電話番号にダイヤルし、カードに記載いるピンコードを入力後、 かけたい相手先の電話番号をダイヤルします。
日本へかける場合は国番号(0081)の後に日本の市外局番の0を取った番号からダイヤルするとそのままかけられます。 例えば東京(03)-1234-5678にかける場合は「0081-3-1234-5678」でダイレクトにつながります。

【携帯電話を持つ】
日本でご利用されている携帯電話のローミングサービスを使って現地でも利用することが可能ですが、通話料金はかなり高くなりますので、 携帯電話は現地の携帯電話を手配される方が良いでしょう。 レンタルの携帯場合は基本料+通話料が月々請求されます。携帯会社はテルストラなどが有名です。時間帯によっては無料通話もできるのでお得です。
弊社でも現地携帯電話のご案内を行っております。現地で利用する携帯電話を日本から予約しておく事ができ、 電話番号が取得できるため、出発前に予めご家族の方に連絡先を伝えておく事も可能です。
オーストラリアの携帯電話についての詳細とお申し込み。

【郵便を送る】
郵便を送る場合、オーストラリア国内だと通常の封書でAU$0.60。日本までの航空郵便料金は、普通サイズの封書の場合AU$1,85で、約5日から2週間くらいで着きます。 (料金は大きさや重さによって異なります。)
日本に大きな荷物を送る場合もPOST OFFICEから送ることができます。

【インターネットをする】
各語学学校にはコンピュータが設置されており、学校に通っている間は放課後などに利用することができます。また多くの学校では無線LANが設置されているので、 Wifi機能の付いたノートパソコンやタブレット、スマートフォンも利用することができます。また町中にはインターネットカフェもあり、日本語が使えるパソコンが設置されています。
インターネットが利用できるホームステイやフラットの場合でも、利用に制限があったり、有料の場合もありますのでご利用前にホストマザーや フラットのオーナーに確認が必要です。ご自身のノートパソコンを利用する場合、下記の物が必要になります。
【変圧器】
AC電源の裏に「AC100~240V」とあれば240Vの電圧まで対応しているのでそのまま使えますが、なければ変圧器が必要です。
【コンセントのアダプター】
日本とコンセントの形が違うのでアダプター(3極プラグ)が必要です。

【電化製品について】
日本から電化製品を持っていく場合は電圧が異なるので注意が必要です。 AC電源の裏に「AC100~240V」とあれば240Vの電圧まで 対応しているので問題はありませんが、もしなければ変圧器が必要です。またコンセントが3つ又なので「3極プラグ」が必要です。

【銀行を開設する】
半年以上の学生ビザやワーキングホリデービザ所有者は、ほとんど問題なく現地で口座が開けるでしょう。 日本と違い通帳がありませんが、利用明細書が郵送で届きます。 開設には2種類以上の身分証明書が必要です。パスポートと一緒に国際免許や滞在先を証明する書類を持って行きましょう。 口座の種類はいくつかありますが、一般的には普通口座(Saving Account)でいいでしょう。
ほとんどのスーパーやレストランで現金の変わりに銀行のキャッシュカードで支払いすることができます。(EFTPOS) また東京と大阪にはオーストラリアの銀行(ANZ銀行)があり、現地で利用する口座を予め日本にて作っておくことができます。

【お買い物】
Cityにはたくさんのお店があるほか、郊外にも大型のショッピングセンターがあります。 ほとんどのショッピングセンターは年中無休ですが、営業時間が曜日によって異なりますので注意が必要です。 食べ物から医薬品、衣類まで何でも売っていますので不自由はないでしょう。

【通貨】
オーストラリアの通貨は下記の通りです。
【紙幣】100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドル
【硬化】2ドル、1ドル、50セント、20セント、10セント、5セント

【チップ】
日常生活においてチップを渡す習慣はないようですが、良いサービスを受けた時には5~15%ほどのチップを渡すのも可。 特に高級なレストランやホテルなどでは渡すのが一般的なようです。

【電車、バスに乗る】
電車に乗る場合は、日本と同様、先に切符を購入してから乗ります。都市部ではバスと同様主要な公共交通期間です。 バスに乗る場合、電車と違い路線が複雑ですので、予めインフォメーションセンターなどで路線図・料金表を入手しておきます。
バスに乗る時はバス亭で待ち、バスが来たら手をあげて知らせます。料金は先払い。降りる時は日本と同様ボタンかひもを引っ張って 合図します。日本のようにバス停のアナウンスがないので降りるバス停を見逃さないように注意しましょう。

【フラットを探す】
日本ではあまり聞きなれない「フラット」とは、一軒家などを借りて何人かで一緒に共同生活をすることを言います。 ホームステイ終了後、友達同士やまったく知らない人などででフラットを借りて生活するというのが一般的です。 台所やバスルーム、キッチンはフラットメイト(同居人)との共有です。ホームステイよりも自由ですし、滞在費は安くなります。
フラットの情報は街のインフォメーションセンターや日本食レストランなどに張られている掲示板、もしくは新聞やインターネットから探します。 いいフラットが見つかれば一度家を見せてもらい、気に入れば決定します。いいフラットはすぐにうまってしまいますので、 よさそうなフラットが見つかればすぐにアポイントを取ることが秘訣です。

【オーストラリアのお風呂】
オーストラリアでは湯船にお湯をはることはほどんとなく、シャワーのみで済ませます。一般の家庭は電気でお湯をあたため、 タンクに貯めています。そのため長い間お湯を大量に利用するとお湯が無くなってしまうことがあります。 通常ホームステイやシェアハウスでのシャワーの利用時間は10分程度が目安となります。

【仕事を探す】
アルバイトを探すのも街のインフォメーションセンターの掲示板や、新聞、インターネットなどから探すのが一般的です。 中には口コミや飛び込みで探す人もたくさんいます。仕事はやる気やタイミング、過去の経歴などで大きく左右されます。

【喫煙について】
屋内では全面禁煙になっている建物が多いので注意が必要です。屋内で喫煙する場合は必ず指定の喫煙場所にて喫煙してください。 ホームステイ先やフラットでも家の中では禁煙になっている場合がほとんどです。ホームステイやフラットで喫煙する場合は 予め屋外の喫煙場所をホストマザーやフラットのオーナーに確認しておきましょう。

↑ PAGE TOP